ノア 値引き

トヨタ・ノアの試乗をした人が感じたこと

ノアの試乗をするには・・・
トヨタの販売店ですべての車種を扱っているわけではないので、まず、ノアを取り扱っているショウルームであるカローラ店で試乗をさせてもらいましょう。
まず、ノアの試乗の予約を取り、その時に「できるだけ長時間試してみたい」「高速道路などでも走行して試してみたい」などと、相談してみてはいかがですか?こればっかりは、ディラーの判断に委ねるしかありません。
ですから、何日間も試乗ができるかもしれないし、数時間ということもあります。
でも大概は、少しドライブする程度の30分以内ぐらいだと思いますが・・・一番心配なのは事故を起こした時の負担を考えると、安易に長い時間かけて試乗しても恐怖に感じるような運転だと試乗の感触すら感じられなくなるので注意して下さい。
それ以外に何か気になるようなことがある場合、例えば、ノアの車幅で自宅の車庫に止められるかどうか、また、狭い道なども通れるかどうかなどの不安がある場合は、しっかりここで確かめるのも大切なことです。
とは言え高価な買い物なので、見た目ではなく、実感して選んで下さい。

 

 

車体のデザインはイメージと同じように感じられたか?
車体のデザイン・・実際に目で見ても感じられると思いますが、何をもってのコンセプトなのか想像できるでしょうか?ノアに関して言えば、人の名前に由来しているそうですか、優しい意味合いを持つ女性だそうです。
だから、ボディーに鋭さがないのですね。
迫がない感じとでも言うか少しありきたりなデザインですが、そこに惹かれるようです。
若い世代というより、ややちょっと上の世代に人気があるようです。
例えば、落ち着いたデザインか、ノーマル(グレードsi)にエアロ仕様車と両方あるので見比べてみてね。
派手さはないので、至って冷静さは残っているのでデザインのイメージも変わりません。
若干大きさが変わり大きくなりますので3ナンバー・5ナンバー枠まで広げての使用になります。

 

 

ノアを選ぶ時に迷ってしまうグレード・・・
ノアのグレートに際しての反響は、殆どの方が思っている内容とほぼ同じみたいです。
あったらいいな?っと思う利便性なので、あとは、ノアを購入する人の希望金額により変わりますので、実際試乗してみて、ハンドルのデザイン、シートのカラーで高級感を感じられたり、後席用サンシェードが無かったり、フロントバンパーのLEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ・フロントフォグランプが無かったり、リヤバンパーのデザインが違ったり、リヤスポイラーなどの装着といった装備については自分の目でしっかり見て判断すればいいのではないでしょうか。
これは、他人の意見ではなく自分の満足という言葉が出ればいいのではないかと思います。

 

 

ノアの室内空間
室内に関しては大体の人が、満足のようですね。
ゆったりとした広々空間を実現しているようで、シートもリラックスでき、開放感が感じられ、圧迫感を解離すかのような、快適なひと時を過ごせるという人が多かったようです。
そして、何よりも乗り降りのし易さなどの好感度は十分です。
それから一番肝心な運転車からの視界も十分大きな窓を確保できていた点も満足している人は多かった。

 

 

ノアの走行
ノアの走りについては、充分満足のできる走行ではないが、物足りないわけでもなく、若干、走っている時の音とエンジン音が気になるとのコメントもあります。
アクセルを踏みこむとスムーズな加速で走り出すが、走行パワーは思ったほど力強いというイメージではなかったり、軽く踏むだけで軽やかな走りをする一方で、それとは反対に振動が伝わってきたりと・・普段乗る車としては十分という・・つまり走行を重視している車ではなく、街中で走るファミィリー向けで、少し遠出をする時に大きいラゲージスペースが重宝されるといった、女性でも充分乗りこなせるタイプの車であり、小回りもしっかり出来るのでラクラク運転し易いという体験談もありました。
そしてノアのデザインコンセプト通りの実用性を重視していることが実際の目で感じた人も少なくはなかった。

 

 

ノアの燃費
燃費に関しては、差し控えたいと思うぐらい実燃費にすると悪いと、耳にすることが多い中、ミニバンのノアなら、総合的にみてもまずまず満足だろう・・根拠として、質の高い、地球に優しくをモットーにより意識された改良がなされていることが乗っている時に感じることができた。
との体感をした人もいれば、逆の人もいました。
これは、運転の仕方に問題があるのかな?