ノア 値引き

トヨタノアを徹底的に値引きさせる方法

トヨタノアをとことん値引きをしてもらうためには、値引きのノウハウを取得しましょう。
そうしなければ、損・・大損なんてことになりかねないので、しっかりとまず愛車の価値を把握しましょう。
ここが一番重要なポイントです。
つまり、下取りに出そうとしている車はいくらになるのか?ということ。
ディラーで査定してもらうと、中古車販売店や、ネットで査定してもらうよりもはるかに低く見積もってきます。
最大で30万円ぐらい引き下げられた金額を提示してくると思います。
ですから、ここでしっかり下取り値引きの金額を見極めないと、損するかしないかということだけでなく足元をみられ、値引きがあまりされずに終わってしまいます。
そうならないようにするために、下取り値引き、諸経費と新車購入値引きの見積もりを一か所だけではなく、幾つかのディラーにだしてもらいましょう。
ここから商談の始まりです。
ノアの新車購入値引き最低でも25万円ぐらいはあると言うことを頭に入れておいて下さい。
次に、言葉巧みに購入者を納得させるように、如何にもお徳と言わんばかりに価格を薦めてくると思いますが、ここからが勝負です。
先程出してもらった見積もりを参考に、交渉を進めていけば、言いなりにならずにこちらの希望する値引きまで落とせると思います。
カーオプションの値引きもできれば最高です。
販売店にしかないオプション品は狙いどころ。
頑張って値引きの目安は工賃を含めて2〜3割程に抑えられればいいのですが、それ以上狙えれば文句なし。
数字にして4〜7万円と言われていますが・・5万円に届くようになるぐらいは粘ってみてもいいかもしれません。

でも、オプション金額が結構追加されて跳ねてしまった場合は、ある程度納得するまで交渉を粘って値引きをしてみてはいかがですか。
ディラーからどうしますか?と聞かれる前に、こちらの方から商談ペースで持っていけば、以外と値引きの獲得がしやすくなるかもしれません。
これまでに最大で65万円まで値引き価格が出されています。
こうなってくるとノアの値引きはちょっと期待が高まりますね。
なので、満足のいく数字でなければ、値引きを押せるかもしれませんので、すぐには、契約をしないで、少し焦らすことも時にはいい結果に繋がるかもしれません。
と言うのも、ある程度、商談で見積もりが決まって早く契約したいのに、ここまで来て逃すまいと思い最終的には希望の値引きになるからです。
値引きに、こちらから妥協はしないで最後まで交渉して下さい。
あくまでも、こちら側が有利に立てるようにすることが大切。

 

その他にも手立てとして、例えば・・・
ノアの場合、トヨタの競合店を見つけ、その中でもヴォクシーと、エスクァイアなどが基本的な機能ですし、大きさも変わらないので、迷っているような素振りをすれば、少しでも値引きの対象になるかもしれません。